ヘルプ

煮干味玉そば・背脂多め@ムタヒロ錦糸町店・墨田区錦糸町

  • 18

写真: 煮干味玉そば・背脂多め@ムタヒロ錦糸町店・墨田区錦糸町

写真: 特製ラーメン@谷やんラーメン本店・江東区木場 写真: みそラーメン@ぶるず・江東区亀戸

中華そば ムタヒロ錦糸町店
  墨田区江東橋2-6-14 エスカイア錦糸町プラザ1階

 錦糸町で用事を済ませたらお昼近くだったので、久しぶりに煮干しラーメンを食べようと3月下旬のオープンから3ヶ月しか経っていない新しいお店を訪ねた。メニューは煮干醤油、煮干塩に煮干つけ麺というラインナップで、その中から標記の食券を発券した。880円。なお、食券を手渡す際、背脂の量を選べると言われたので多めでお願いした。
 麺は幅が6mmほどで厚みもある平打ちの強縮れ麺。麺肌は小麦粉がやや溶け出したようなニュルンとしていて、噛むとムチムチとしている。当然、歯応えは強めで、小麦の風味もしっかりと感じられ、煮干しスープにも決して負けていない。また、麺とは別に幅が4cmほど、長さも10cmを超すような一反木綿みたいなワンタンの皮が2枚入っていて、こちらはツルンとした滑らかな食感で、麺と対比させているようだ。文字どおり背脂が多めに浮くスープは、煮干しの風味はしっかりと感じられるものの、苦味や匂いは軽めで北東北のような重厚感はなく、都会らしく上品に、かつ、軽やかに飲みやすい味わいに仕上げられている。スープの表面にはラードも浮いているが、背脂と相まって口中をコーティングすることにより煮干しのクセを和らげる働きをしているように思う。一方で、カエシが思ったよりも強めに効いていて、しょっぱくはないもののカエシの塩気と風味が煮干しの味わいを引き立てているように感じた。時々岩海苔と刻みタマネギが混ざるが、岩海苔は風味がよいし、タマネギの清涼感とシャキシャキとした食感が煮干しスープに馴染んだ舌をリセットしてくれる。チャーシューは豚と鶏の2種類。バラ肉ロールの方は少し締まり気味で油っ気も旨味も抜け気味で今一歩。鶏ムネはサクッと噛み切れる軟らかさで淡泊な味わいだった。トッピングの味玉は、気持ち薄味だが中までちゃんと味が染み込んでいるし、黄身は半熟とゼリー状の中間ぐらいに固まっていてなかなかの味わいだった。メンマは穂先部分でシャキシャキと小気味よい食感。その他はナルトとミツバ。
 麺量は180g前後と思う。煮干しに慣れていない人でも大丈夫だろう。

・お気に入り度:○+

アルバム: 公開

お気に入り (0)

まだお気に入りに追加している人はいません。

コメント (0)

まだコメントがありません。最初のコメントを書いてみませんか?

コメントするにはログインが必要です。フォト蔵に会員登録(無料)するとコメントできます。