ヘルプ

比叡山・山中越え

写真: 比叡山・山中越え

写真: えっ、なになになに? 写真: short poem

・1900年代前半から今日まで続くハ-レ-の伝統。スポ-ツスタ-の登場は1957年頃からだったと思います。 どことなく懐かしい乗り味で、“オ-トバイ”(※オ-ト・バイシクルの略;オ-トは自動。bICYCLEは自転車の意。バイクを表す言葉には他にモ-タ-サイクルやモトラッドという言い方もありますが)の名にふさわしい一台だと思います。バイクの右側から撮った写真がなかったので、この角度で撮影をいたしました。
 この日は、17年間、一緒に暮らした茶トラ猫のうちの一匹が他界しちゃいましたので、バイクで山中越えの「馬の背」という所まで、愛猫の冥福を祈りに走りました。早朝のミニ・ツ-リングで前輪を朝日が照らして、シ-トの上に自販機で買ったコ-ヒ-飲料のボトルが、朝のミルクは冷たくておいしかったです。

アルバム: 公開

お気に入り (14)

14人がお気に入りに入れています

コメント (13)

  • arisa

    カッコいいですね♪

    2018年9月2日 12:50 arisa (60)

  • チャーリーブラウン

    いいなぁ~ もう何年乗ってないかなぁ~ 昔々、を思い出しました(*_*)

    2018年9月2日 17:53 チャーリーブラウン (9)

  • seamaster2

    arisaさま、おはようございます!(^^♪
     車検を受けた新車同様の2008年製のバイクを購入し、走り出すまでに小一週間ほど、余暇の時間を使って自分自身の“好み”に会うように手入れをいたしました。 JMCA認定で良い音質のサイレンサ-やバイクナビ(防水性の小型カ-ナビ)の取り付け。家で保管している際のバッテリ-の補助充電用のソケットを追加。
     デジカメのバッグを吊り下げるのにはヨット用のアイ・クリ-トという金具も追加しました。 
     走行中に良い風景に出会った際にバイク乗りは“この次に良い景色の所で撮影を(^^♪”って、止まるポイントを次に持ち越す習性(?)がございますので、頻繁に路肩に寄ってバイクを乗り降りできます低いシ-トの高さのバイクは、とてもありがたい思いがいたします*^^*

    2018年9月3日 10:56 seamaster2 (28)

  • seamaster2

    チャ-リ-ブラウンさま、おはようございます!(^^♪
     ~米国、キティホ-クの丘で、ライト兄弟が初めて飛行機を飛ばしたのとほぼ同時期にS・ハ-レ-氏とダビッドソン兄弟さんが自転車型のバイクを試作して走らせた時代から100年以上が経過。2つの世界大戦や経済恐慌を乗り越えたH・Dです。 時には日本製の並列四気筒エンジンのバイクたちが北米市場で優位を占めて(英国バイク勢のBSA・旧トライアンフやノ-トンなどは消滅)、AMF(ブランズウィックのボ-リング機械なども有名)がハ-レ-に出資したりする時期もありました。 様々な時代の洗礼を受けた現在のハ-レ-ダビッドソンも、とても魅力あるバイクに成長していると思います。最初の設計者の人たちのコンセプトも健在なままで(^^♪
     正直、今まで様々なバイクを乗り継ぎましたがこのバイクは何故に魅力的で、ライディングをするたびにボクは昔の自分を取り戻して、なぜにより元気になれるのだろうか? 数値や基準とは別の このバイクの“不思議さ”に「なぜ?」「どうして?」の、嬉しい疑問の理由を一人で考えることが楽しいこの頃です*^^*
    コメントをお寄せいただきまして心からお礼申し上げます^^;;;

    2018年9月3日 11:18 seamaster2 (28)

  • kei

    夕日色にキラリと光って~^

    比叡山ドライブウェイですか~~かっこいいですね。

    2018年9月3日 18:00 kei (109)

  • seamaster2

    keiさま、こんばんは-(^^♪
     申し訳ございません。ボクが書いたご説明文がわるかったです。
     (実は早朝、朝一番の、我が家の家猫の追悼航海・・じゃなかった、追悼のミニツ-リングの途上で撮りました。)
    ただ、この日は東からの日の出の朝にもかかわらず朝日の“色のベクトル”が、①明けやらぬ闇の青系→②日の出の始まりのオレンジ系→参②朝日の力が強くなって天頂に昇る際のオレンジ→黄色→まぶしい白色系。という正常な変化でなく

    2018年9月3日 23:50 seamaster2 (28)

  • seamaster2

    keiさま、こんばんは-(^^♪
     申し訳ございません。ボクが書いたご説明文がわるかったです。
     (実は早朝、朝一番の、我が家の家猫の追悼航海・・じゃなかった、追悼のミニツ-リングの途上で撮りました。)
    ただ、この日は東からの日の出の朝にもかかわらず朝日の“色のベクトル”が、①明けやらぬ闇の青系→②日の出の始まりのオレンジ系→②朝日の力が強くなって天頂に昇る際のオレンジ→黄色→まぶしい白色系。という正常な変化でなかったです。continue next

    2018年9月3日 23:50 seamaster2 (28)

  • seamaster2

    continue;
    本当ならばオレンジ色の光が照らしてくれる筈なのですが、
     この日の光は少し弱めの白色光でした。
      朝焼けの日や、このような朝は どこか天候の状態(上空の大気の状態)が安定しておらず、後刻(ごこく=後ほど、)、場合によれば強い雨や風に遭遇することもある要注意日でもございますので、朝のひと時、比叡の山腹で伝教大師=最澄さまの延暦寺方面にお念仏を三度、唱えて愛猫の冥福をお願いして、早々と我が家に戻りました*^^*
    PS;大学時代、毎日、この道からバイクで京都の私立大学に雨の日も風の日も通学しておりました^^;;;

    2018年9月4日 00:02 seamaster2 (28)

  • kei

    ゴメンナサイ・・私が早とちりよ。

    今日の台風かなり強烈のようですがいかがでしたか?
    お疲れが出ませんように~^

    2018年9月4日 17:14 kei (109)

  • seamaster2

    keiさま、こんばんは-(^^♪
     大変申し訳ございません。
     keiさまに大それたことを!
    一応。様々な方々も見る事もあるかと思いまして(seaのフォトを見る人はいないかな?)、お釈迦様に説法=keiさまには失礼かと思いながらお師匠様級のkei様のRe;に薄暮・黎明時の色補正を書いちゃいましたm(_ _;m何卒、おゆるしを!!

     お陰様で事前にタップリ手入れをしておきました我が家の大屋根はビル風・マンション風もなんのその(^^♪ 台風21号が巻き起こす強力な風雨も無事にクリアしてくれたです。 予想外の威力のマンション風かな? 書斎と奥の間のガラスが通過時の吹き替えし風で破損。ワイフに“ひるんじゃだめ-! たのしみなさ~い!”と掛け声をかけて応急リペアをいたしました。 その内、アルミサッシ化の予定でございます。*^^* *^^*

    2018年9月4日 23:29 seamaster2 (28)

  • seamaster2

    seamaster2;
    お陰様で台風21号の暴風圏やその後のまとまった降雨も
    旧式の我が家はほぼ無事にクリアできました(レトロを維持して、部分的な近代化も今後は指向しようかな)。
     新・陸の相棒=バイクの小規模なカスタム化も、今回はこの程度で終了です。

     だってあまりバイクのお手入れに夢中になりすぎていますと秋の季節に写真が撮れなくなっちゃいますので・・・。*^^*
    PS;9/10.座席=シ-トも社外品の“ラペラ”という米国製のものに取り換えました。 座り心地はちょっと固めかな? 気に入っています^^。

    2018年9月10日 15:15 seamaster2 (28)

  • hanahana(留守にしております)

    seamastarワールド全開の一枚ですね!
    側で満足そうに眺めてるあなたを想像しました(^^ゞ
    追悼ツーリング モコちゃんも一緒だったんですねぇ。。。

    2018年9月10日 20:39 hanahana(留守にしております) (2)

  • seamaster2

    hanahanaさま、こんばんは-(^^♪

     m(_ _)m 大変申し訳ありません、Re;に長い日にちが経ってしまいまして・・・。

     seamasが一番seamasらしくなるのは、やはり小舟やバイクに夢中なときかも知れないですよね^^、  
     最近、ただ一匹取り残された茶トラの「チョコ」の活気が低くなり、『何とかしなければ!』と、CPの検索で様々なサイトを見て見たり、市のセンタ-に問い合わせてみてもなかなかに難しくて苦労をしておりました。元々4猫で僕らと一緒にいましたので、もしかすると良い猫の『相棒』が見つけられれば、茶トラの「チョコ」も元気をとりもどしてくれるかな~。って考えまして。
     
     京町家つくりのMy自宅も先の台風21号の通過時にガラス戸が二枚ほど割れたことで一度、屋内に風が入ったこともあり、再度、大屋根のコンディションを調べたり、ガラス屋さんに来てもらったり。 ようやく全部のル-ティン・ワ-クを終えましたら、気がつけはカヌ-やカヤックと湖上の風と光の世界はずいぶん遠くのワ-ルドに・・・。 

    これではダメだ! と思いつつも残された「チョコ」君と そしてワイフや母親(半ば母親をワイフにまかせて;いえいえ^^; )と過ごす日々に、『秋の長雨はヤだな-』などと考えるseamaster?でございます*^^*

    2018年9月20日 20:51 seamaster2 (28)

コメントするにはログインが必要です。フォト蔵に会員登録(無料)するとコメントできます。